2009年3月26日 (木)

産経記者は物理オンチ

-----------------------------------------------------------------

PAC3 首都圏・東北に展開 迎撃態勢、週明け整う
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090326-00000128-san-pol
3月26日7時56分配信 産経新聞

 北朝鮮によるミサイルの発射準備を受け、迎撃に向けた自衛隊の部隊運用計画の全容が25日、判明した。30日にもイージス艦と地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の展開を開始。焦点のPAC3の展開地は首都圏3カ所と東北地方2カ所の自衛隊施設に絞り、二正面で防護を固める。各1カ所に迎撃を統制する指揮所運用隊も置く。

 ミサイル防衛(MD)システムでの迎撃は二段構えとなる。海上自衛隊のイージス艦搭載の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)が大気圏外で撃ち落とし、失敗すれば航空自衛隊のPAC3が着弾直前に迎撃する。

 北朝鮮はテポドン2号改良型発射を人工衛星の打ち上げと主張。4月4日から8日の間、ブースター(推進エンジン)の落下区域として秋田沖130キロの日本海と銚子沖2150キロの太平洋を設定し、秋田、岩手両県の上空を通過する可能性がある。

 PAC3の迎撃範囲は半径約20キロと狭く東北には未配備だが、発射機などは車載式で移動展開できる。故障による本体の落下やブースターの直撃に備え、陸上自衛隊秋田、岩手両駐屯地に空自浜松基地(静岡県)の高射教導隊に配備したPAC3の発射機を移動。秋田県の空自加茂基地には指揮所運用隊を配置する。

 本来、PAC3は政経中枢の大都市圏への配備計画に基づき、導入が進められてきた。改良型が想定コースを外れ、首都圏に飛来する恐れもある。

 入間(埼玉県)、習志野(千葉県)、武山(神奈川県)、霞ケ浦(茨城県)の空自4基地に配備したPAC3を、首相官邸をはじめ都心の防護に充てる。発射機の展開地は、防衛省庁舎のある陸自市ケ谷駐屯地と朝霞駐屯地(東京都など)、習志野基地。指揮所運用隊は入間基地に置く。

 イージス艦は「こんごう」と「ちょうかい」が日本海に展開する。日本海に2隻を配置すればSM3で全国を防護できるが、改良型の射程は米アラスカ州全域に届く8000キロ以上との分析もある。最大射程で発射すれば高度は1000キロ以上に達し、迎撃可能な高度が100キロ程度のSM3では対処できない。

-----------------------------------------------------------------

 楕円軌道を描いて飛翔するICBMを最大射程で発射したとき、「高度は1000キロ以上に達」するのは、日本上空をはるかに越えた太平洋上である。産経新聞の記者には、こんな簡単な物理の法則もお分かりにならない、おりこうさんしかいないらしい。なお、SM-3の迎撃限界高度は約500kmである。「迎撃可能な高度が100キロ程度」ではない。

 ICBMに関する表層的で浅はかな知識を元に、無責任な記事で国民を不安にさせて何が面白いのか理解に苦しむ記事である。

 Blogランキング→

3月 26, 2009 マスコミ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 6日 (金)

尼崎電車事故&ボーリングに対する馬鹿マスコミの対応

 尼崎電車事故の際、JR西日本の社員が年休を取ってボーリングやらゴルフを楽しんでいたという。 (2005年05月06日、投稿記事)  クリック感謝→blogランキング(国内ニュース)

 これの是非は別として、馬鹿マスコミがまたやらかしているらしい。特に馬鹿日の記者?は、まるで自分が正義を代表するようにJR西日本の担当者を罵倒したらしい(らしいというのは、俺は馬鹿マスコミの報道は見ない、聞かない主義なので社員からの又聞きのため)。  被害者の家族がJR西日本の担当者を罵倒するのは心情的にも理解できる。しかし、馬鹿マスコミの馬鹿記者が何のためにJR西日本の担当者を罵倒するのかわからん。記者ならあくまで第3者の立場に立った取材を行い問題点を明らかにするべきだろう。  第3者の立場に立てないぐらい真剣な馬鹿マスコミは、勿論事故当日、全社員が仕事を放り投げて、被害者の救済に向かったのだろう。馬鹿マスコミの報道を見ない俺には知る由もないが。    

5月 6, 2005 マスコミ | | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月24日 (日)

馬鹿マスゴミの極み

 ローマ教皇庁がいくらクレームをつけても法王と呼び続ける馬鹿マスゴミ。世界中のカトリック信者を敵にして何が面白いのか。馬鹿小泉も一国の責任者のくせに教皇選出会議をおちゃらけてコンクラーベは根比べ、とか訳のわからないことをのたまわって馬鹿にする。 (2005年04月24日、投稿記事)  クリック感謝→blogランキング(国内ニュース)

 本人にそのつもりがなくても信仰を持っている人にとってはとんでもない侮辱である。現在の世界で宗教が原因となっている紛争が如何に多いかわからないアンポンタンの大馬鹿野郎だ。イラク問題もパレスチナ問題も大元に宗教があることを全く理解していない。無信仰は無信仰で良い。しかし、信仰を持っている人間を馬鹿にする権利はない。人類の9割以上は信ずる宗教を持っており、無信仰の日本人だけが異質だということを理解していなければ大変な失敗を犯すであろう。イエスを信じているわけでもないのに教会で結婚式を挙げたり、クリスマスが恋人同士の特別な日などという、とんでもない、たわけたことをやっているのは世界広しと言えども日本だけ。あまりに宗教を馬鹿にしすぎである。  信仰を持たない国が常任理事国になろうとすること自体が馬鹿馬鹿しすぎる。こういうことを書くとあんたのほうがおかしいと思う方が多いと想像するが、共産国家以外で無信仰の国は日本だけである。世界のほかの国と明らかに価値観の違う国が常任理事国になるなど他の国が許さないだろう。俺はUSAしか知らないが、初対面で必ず聞かれる質問のひとつに「宗教は何ですか」だ。これを読んでいるあなたはどう答えるのか。宗教を持っていないなどと答えると、人間扱いされないことだけは断言できる。  カトリック信者を敵にしたときに日本が受けるダメージは中国や韓国の反日どころの騒ぎではすまないだろう。少なくとも、信仰を持っている人間を馬鹿にする態度だけは改めなければいけないと考える。  
   

4月 24, 2005 マスコミ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 2日 (土)

朝日新聞が武富士から裏金

 武富士から「ウラ広告費」を5000万円もらっていた朝日新聞。日本のマスコミの公共性が、どのようなものかを示す良い実例。

 クリック感謝→

 TVがなくなったら困ると言っていた人がいたが、こんなことをやっているようじゃインターネットに取って代わられるのは時間の問題。

 俺はTV東京の番組(マーケット関係)は時々見るが、それでも何言っているんだと思うことが多い。信じるのは数字だけ。そう意味でもBloombergをつけていることが多い。

 人権擁護法案、地上波のデジタル化にしても、ミサワホームの処理を巡っての疑惑についても、報道するマスコミは、ほとんどない。ブロードバンド?は、間違いを犯すことが多いと述べたキャスターがいたそうだが、スポンサーに遠慮したり、自社の利益だけを追求するような今の大手マスコミよりは、よほどましと考える。

 大手マスコミの報道は無条件に受け入れる人でも、ブログのような個人が発信している情報なら「これは本当なのか」という疑問を抱きながら、真実に近づくことが出来る可能性がある。

4月 2, 2005 マスコミ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月27日 (日)

マスコミの公共性

 ライブドア、フジ問題に関連してマスコミの公共性が問題にされている。マスコミは、果たして中立的な立場で報道しているのだろうか?

 クリック感謝→

 放送法では以下のようになっている。

 放送法 第3条の2 放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
 1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
 2.政治的に公平であること。
 3.報道は事実をまげないですること。
 4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

 実際はどうだろうか。最近目に付いた記事で疑問に思ったことがあるので書かせてもらう。

 「富士見産婦人科「乱診乱療」事件、元院長の免許取り消し」、富士見産婦人科の事件は俺ぐらいの年代にとっては有名な事件だったので、「今頃になって何だ」と思いネットで調べて驚いた。

 捏造された「富士見産婦人科病院事件」の顛末

 最高裁まで行った事実だけ書くと、
 1.富士見産婦人科病院院長の傷害事件では無罪、
 2.院長に対する産経新聞の名誉毀損は有罪、
 3.院長に対する民事訴訟では被害者の勝訴となっている。

 最高裁でさえ意見が分かれている問題に対して、マスコミは「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかに」しているといえるのであろうか?医者が初めて免許剥奪になった事件なのに、まったく報道していないNHKを初めとする一部(大部分)報道機関の報道姿勢にも問題があると考える。

3月 27, 2005 マスコミ | | コメント (0) | トラックバック (0)