2005年5月15日 (日)

「さん&様」を会社名に付けるのはいやらしい

 会社名にさんまたは様をつけるのが流行っているが、私のような古い人間には聞き苦しい。 (2005年05月15日、投稿記事)  クリック感謝→blogランキング(国内ニュース)

 「さん&様」は人名につけるものであり、会社名につけるものではない。これは団塊の世代と呼ばれる連中が始めたものだ。20?30年位前には新聞やTVでもずいぶん叩かれた(そのころは俺も新聞やTVに接していたということでもある)。  昨日のBloombergでは、非常に驚かされた。損保ジャパンの常務執行役員、木下啓史郎氏である。彼はなんと、「中国さん」とのたまわった。とうとう国名までさんづけだ。会社名に「さん&様」をつけることに嫌悪感を抱くのは、そうしている本人が、相手に対して敬意を抱いているというより、自分を保護するためにさん&様をつけているように感じるからだ。  言語は時代とともに変わっていくのは仕方がないが、会社名に「さん&様」はいやらしい。品性に卑しさを感じてしまう。俺の会社に来てさん&様をつける奴にはみっちり説教してやることにしている。  
  

5月 15, 2005 日本語 | | コメント (1) | トラックバック (0)