2008年1月12日 (土)

新たな悪の帝国、クウェート

 「中東の笛」と呼ばれる審判員の不可解な判定問題が問題になったハンドボール。というよりも、クウェートの王族が実権を握り、クエートに有利な判定を出させてきたハンドボールアジア連盟に対し、上位機関である国際ハンドボール連盟が、公平な判定の元での再予選を決定した。そして、ハンドボール男女北京五輪アジア予選のやり直しが、東京で決まった。

 しかし、中東勢はやり直し予選不参加を決めたようだ。クウェートの王族がここまで馬鹿者ぞろいとは思わなかった。こんなことが世界に報道させて一番ダメージをくうのは、不公正や不条理なことでも自分達に都合の良いことは何でもやるクウェートの王族=アラブ人というイメージだろう。昔のソ連を悪の帝国と呼んだ合衆国の大統領がいたが、いまやソ連に変わってアラブ諸国が悪の帝国となろうとしている。

男女延べ9カ国に出場打診=中東3カ国は不参加か-ハンド五輪予選
1月11日15時1分配信 時事通信

 ハンドボール男女北京五輪アジア予選の東京でのやり直しが決まったことを受け、国際ハンドボール連盟(IHF)が昨年の同予選に参加した男子5カ国、女子4カ国に出場を打診する文書を送った。日本ハンドボール協会が11日、明らかにした。IHFへの回答の締め切りは同日中という。

 予選の再開催に関しては、クウェートの王族が実権を握るアジア連盟(AHF)の常任理事会が拒否の決定を下した経緯もある。日本協会の市原則之副会長は「男子のクウェート、カタール、アラブ首長国連邦(UAE)は参加しない方針だと聞いている」とした上で、「ぜひ出てきてほしい」と全チームそろっての再開催を望んだ。

 

中東勢はやり直し予選不参加
1月11日7時3分配信 スポーツニッポン

 「中東の笛」と呼ばれる審判員の不可解な判定問題でやり直しが決まったハンドボールの北京五輪男女アジア予選について、国際ハンドボール連盟(IHF)は10日、日本開催を決めた。日本協会は今月下旬に東京・国立代々木競技場で開催する準備に入った。

 中東勢の影響力が強いアジア連盟(AHF)が拒否した予選のやり直しについて、IHFは9日に日本、ルーマニア、イランのいずれかでの開催を最終確認。国際オリンピック委員会(IOC)との間で全責任を持って開催することを確認しており、事実上の最終決定となる。都内で会見した日本協会の渡辺佳英会長は、昨年の予選と同じ男子5カ国(日本、韓国、カタール、クウェート、アラブ首長国連邦)、女子4カ国(日本、韓国、カザフスタン、カタール)で行う意向を示した。

 しかし、AHFのジヤブ常任理事(クウェート)は「AHFの決定に変わりはない」と反発。クウェート、カタール、アラブ首長国連邦の中東3カ国は出場しないとの見通しを示した。また、韓国協会は男女どちらかの予選を韓国で開催するよう、IHFと日本協会に求める意向を明らかにした。

「中東の笛」って何だ! ハンドボール五輪予選

 アジアのハンドボール界は近年、中東寄りの不可解な判定が「中東の笛」と呼ばれ、問題視されている。ことし行われた北京五輪男子アジア予選のクウェート-韓国ではヨルダンの審判員が笛を吹き、完全なシュートがオーバーステップなどの反則を取られ、退場者が相次いだ。

 日本はクウェート戦で中立の欧州から招いたドイツの審判員を要望したが、クウェートの王族が事実上支配するアジア連盟がこれを却下。イランの審判員ペアが笛を吹き、不可解な判定が目についた。

 日本協会のまとめでは、1995年のアトランタ五輪男子予選で日本は不可解な判定でシュートを打てず、バーレーンに敗れた。決勝では韓国の得点を認めないなど不公平な判定が続いてクウェートが五輪出場権を得た。

 2002年釜山アジア大会男子決勝では韓国が勝ったが、クウェートに有利な判定が相次ぎ、コートを警官隊が取り囲む大荒れの試合となった。

 04年男子アジア選手権準決勝では、日本が地元カタールを前半リードしたが、シリアの審判員がハーフタイムに関係者に拘束され、後半開始まで2時間20分掛かった。

 今年の女子北京五輪予選では日本、韓国、カザフスタンが2勝1敗で並び、得失点差でカザフスタンが優勝する「すべて計算され尽くした展開」(日本協会)。この大会ではカメラ、ビデオ撮影が禁止され、映像の記録が一切ないという。

 クリック感謝→

1月 12, 2008 スポーツ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

馬鹿者ぞろいの亀田ファミリー

 亀田ファミリーは、ボクシングを馬鹿にしすぎだ。チャンピオンの権威を汚すような言動を繰り返し、実際の試合になると反則の連続。日本ボクシングコミッションは、亀田史郎、亀田興毅、亀田大毅の3人を、ボクシング界から永久追放するべきである。東日本ボクシング協会も「協栄ジム」の協会からの追放処分をするべきである。

 亀田大毅、「腹を切る」といった以上、きちんと腹を切って責任を取れ。「腹を切る」という言葉は、遊びで言って良いような軽い言葉ではない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071013-00000029-sanspo-spo&kz=spo
“大毅ショック”が興毅を襲う…25日の試合中止
10月13日8時2分配信 サンケイスポーツ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071013-00000014-sanspo-spo&kz=spo
大毅追放か!?親子で“反省”もJBCは許さない!
10月13日8時2分配信 サンケイスポーツ

 クリック感謝→

10月 13, 2007 スポーツ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

日本相撲協会の朝青龍処分はおかしい

朝青龍、2場所出場停止…横綱に初の処分
8月2日3時6分配信 読売新聞

 体の故障で夏巡業の休場を申し出ながら、母国でサッカーに興じていた横綱朝青龍(26)(本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、ウランバートル出身、高砂部屋)について、日本相撲協会は1日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、9月の秋場所と11月の九州場所の2場所出場停止処分を決め、減俸30%4か月、及び九州場所千秋楽までの謹慎処分を科した。

 師匠の高砂親方(元大関朝潮)も監督責任を問われて減俸30%4か月。横綱が本場所を出場停止となるのは初めてで、罰則規定を適用されたのも初。

 朝青龍は先月の名古屋場所で21度目の優勝を飾った後、故障を訴え、巡業部に「左ひじじん帯損傷と腰の疲労骨折などで全治6週間」とする診断書を添えて今月3日から東北、北海道などを回る夏巡業の休場を届け出た。休場届は承認されたが、承認前にモンゴルへ無断帰国し、元日本代表の中田英寿さんらとサッカーをしていたことが発覚。元気に走ったり、シュートする姿が日本のテレビで放映された。巡業部など協会内部には、北の湖理事長ら執行部に厳しい対応を求める声が上がっていた。

 朝青龍がモンゴルに帰国したとき、サッカーをしたのは、モンゴル政府の要請である。政府から要請されたら、少しぐらいのことはあっても要請にこたえるのが国民の義務ではないか?「左ひじじん帯損傷と腰の疲労骨折などで全治6週間」とする診断書が出ているそうだが、友人の医者に聞いたら、痛み止めを使えばサッカーの真似事ぐらいは出来るとのことであった。馬鹿マスコミは、どこも朝青龍を非難しているつもりのようだが、モンゴルから見たら、モンゴル政府が非難されているように見えるだろう。これは国益に反する行為なのではないだろうか。

 日本相撲協会は、朝青龍に処分を下したようだが、モンゴル政府とモンゴル国民に対する対応、それと「左ひじじん帯損傷と腰の疲労骨折などで全治6週間」とする診断書を無視することが問題にならないだろうか?

 クリック感謝→

8月 2, 2007 スポーツ | | コメント (0) | トラックバック (0)