« タクシー券不正使用、刑事告発はしない | トップページ | 馬鹿者ぞろいの亀田ファミリー »

2007年9月29日 (土)

長井さん、至近距離から銃撃

長井さん、至近距離から銃撃…TV映像などで明らかに
9月29日1時49分配信 読売新聞

 【バンコク=田原徳容】米テレビCNNなどが28日に放映した映像で、ミャンマー軍事政権による反政府デモ弾圧を取材中に死亡したニュースプロダクション「APF通信社」(東京都港区)の契約記者、長井健司さん(50)が、軍用トラックから飛び降り走ってきた武装兵士に、数メートルの至近距離から撃たれていたことが分かった。

 ヤンゴン中心部のスーレ・パゴダ(仏塔)付近の路上で、あおむけに倒れた長井さんが、右手に握りしめたカメラは、逃げる市民を追うかのように、その背中に向けられた。だが、武装兵士はかすかに腕を動かす長井さんのそばを通り抜け、デモ隊を追い続けた。

 軍政は、デモが最も頻繁なこの地区を厳重警戒しており、特別な訓練を受けた精鋭部隊が任務に当たっているとされる。

 国家には自国民を守る義務がある。自国民が殺されたのに、速やかに適切な対応をとらない国家は、自国民だけでなく他国からも信頼を失うであろう。USAの国民がミャンマー軍事政権に殺されたとしたら、USAの対応は、現在の日本政府の対応と同じだろうか?

 クリック感謝→

9月 29, 2007 ニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122444/44551893

この記事へのトラックバック一覧です: 長井さん、至近距離から銃撃:

コメント

コメントを書く