« 日本相撲協会の朝青龍処分はおかしい | トップページ | 長井さん、至近距離から銃撃 »

2007年8月11日 (土)

タクシー券不正使用、刑事告発はしない

タクシー券不正使用>職員8人を懲戒処分 厚労省
8月10日21時53分配信 毎日新聞

 厚生労働省は10日、深夜残業の帰宅用タクシー券を私的に使用した同省雇用均等・児童家庭局(雇用局)課長補佐級の職員を減給10分の1(2カ月)とするなど、8人を国家公務員法などに基づき懲戒処分した。

 他の処分者は▽職業安定局係長=減給10分の1(1カ月)▽職業能力開発局課長補佐級2人、大臣官房課長補佐級、労働基準局係長=いずれも懲戒戒告。労働基準局係長の上司2人も文書で厳重注意した。

 同省によると、雇用局課長補佐級は5月25日と7月5日の深夜、いずれも都内の飲食店からタクシー券を使って帰宅した。7月5日には職安局係長ら4人も同席し、うち2人がそれぞれ1人ずつを同乗させてタクシー券で帰宅した。職安局係長ら2人は所属局のタクシー券を使ったが、雇用局課長補佐級は両日とも、顔見知りの労基局係長からもらった同局のタクシー券を使用していた。

 タクシー券は深夜残業する日の夕、所属局に申請。翌日、持参した半券で経路、金額などのチェックを受ける制度になっている。しかし労基局係長は、雇用局課長補佐級から半券を受け取らずに放置していた。

 労基局はタクシー券利用簿を作成しておらず、ルーズな処理につながった可能性があるという。不正使用の代金は本人に支払わせたが、同省は「常習的に行われていたのか確認できず、刑事告発はしない」という。【柴田朗】

 処分を受けた職員の肩書きを見るとキャリア官僚は含まれていないようだ。要するにトカゲの尻尾切りということだろう。しかし、国民が汗水たらして払った税金を横領したのに「刑事告発はしない」とは、何事か。いかに税金を無駄に使うことになれているかを示している。それとも「刑事告発する」と何かまずいことでも明るみになるのだろうか?

 クリック感謝→

8月 11, 2007 ニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122444/44551905

この記事へのトラックバック一覧です: タクシー券不正使用、刑事告発はしない:

コメント

コメントを書く