« 第55回 安田記念 | トップページ | 日本代表W杯ドイツ大会出場決定 »

2005年6月 7日 (火)

民営化のための民営化

 郵政民営化の目的は、郵便貯金、簡易保険で集められた金350兆円が、無責任に不透明な使途に用いられ、莫大な赤字が生じている。赤字の埋め合わせは税金で行われる。この連鎖を絶つことが郵政民営化の目的であったはずだ。

 クリック感謝→blogランキング(国内ニュース)

 今回の郵政民営化案で、この目的が果たされるのだろうか?今回の民営化案では、問題になっている特殊法人(=キャリア官僚が郵貯簡保で集めた金を吸い上げる団体)が、外郭団体等の天下り会社に看板を変え増殖しやすくなるだけである。根本的解決になっていないどころか、「民営会社」になるので、政府がむやみに指導をすることは出来なくなり、現在以上に寄生虫どもは活躍しやすくなるであろう。

 厚生年金の創設者である元厚生省年金課長花沢武夫氏が、『厚生年金保険制度回顧録』(1988年)に書いている。「この資金があれば一流の銀行だってかなわない。 厚生年金保険基金とか財団とかいうものを作って、その理事長というのは、日銀の総裁ぐらいの力がある。そうすると、厚生省の連中がOBになった時の勤め口に困らない。年金を支給するのは20年も先のことだから、今のうちに使っても構わない。先行き困るという声もあったが、そんなことは問題ではない。将来みんなに支払うときに金が払えなくなったら賦課式にしてしまえばいい。」これがキャリア官僚の本質である。厚生年金を財投に置き換えればそのまま、郵政に通じる。キャリア官僚の天下りを禁止しなければ、何をやっても意味がないのである。

 過疎地などの7000余りの郵便局(郵便局の約1/3)は現状を維持するための省令を作るらしいが、完全民営化された時にこの省令は意味があるのだろうか。この省令のために民営化した郵便会社が赤字となれば倒産となる。郵便局をコンピニ化すれば収益が上がるし住民サービスにもなると主張している向きがあるようだ。確かに都市部の郵便局をコンビニ化すれば相当な収益が上がるだろう。しかし現在コンビニがないような過疎地の郵便局をコンビニ化して収益が上がるのだろうか?商売(資本主義の論理)を知らない日本の官僚特有の論理である。

 過疎地には金融機関が郵便局しかないところも多い。そういう過疎地に住む老人が年金を受け取るのは郵便局である。郵便局が無くなれば、年金を受け取れなくなる老人も多いだろう。そういう民間では補えない部分を行うのが国の役目だ。国が行わなければならない役割を放棄して、しかも郵貯簡保で集めた金がキャリア官僚に吸い取られる仕組みが改められないとしたら何のための民営化なのだろうか。民営化すること自体が目的ではない。今回の民営化案では、一般国民が不便を受けるだけである。今回の民営化案は、本来の郵政民営化趣旨から決定的に外れたものになっていることは自明である。小泉首相がそれでも民営化にこだわるなら、解散総選挙を行って民意を問うべきだ。

 


6月 7, 2005 経済・政治・国際 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122444/43501966

この記事へのトラックバック一覧です: 民営化のための民営化:

» 郵政民営化は、アメリカが公式説明しています??! トラックバック 鶏屋の奮戦記 (バカ だんなです)
 サブタイトルは 【とても分かりやすい郵政民営化。】  みなさんお待たせいたしました。いつも面白く書いている鶏屋です。  今日もみなさんが興味を引く内容にします。ああそうか!と言わせます。  まず、始めにみなさんが、よくブログの中で見かけた『野党への批判記事 >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/06/08 9:10:56

» 国会戦術の怪 トラックバック 何見て歩く
今日、郵政民営化関連法案を審議するための特別委員会設置を衆院本会議で議決しましたが、民主・社民が議院運営委員会での郵政民営化特別委員会設置の採決を拒否、そのまま本会議でも欠席、今後も審議拒否をする構えのようです。 民主党のHPによると、審議拒否の理由は >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/06/08 12:48:07

» 審議拒否 トラックバック はむはむの煩悩
今日のマジレンジャーは、べっぴぃのウェディングドレス姿が見れるという、これだけでも最高にしあわせなお話だった。 髪の毛をアップしていたので、お顔がいつもよりもよく見えたけど、べっぴぃって、ほんとに美人なんだね[:楽しい:] すごく整った西洋人のような形を >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/06/08 13:18:24

» 経国醜談 トラックバック 冷凍力の膳所狒々日記
小泉政権の旧田中派潰しは最終段階に橋梁談合? 外資のインサイダー取引を取り締まるべきではないのか?(宮崎正弘の国際ニュース・早読み平成17年(2005年)5月25日(水曜日) 通巻第1131号) 同時に経済政策で小泉首相はアメリカの傀儡ではないかと言われる >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/06/08 13:57:20

» 郵政法案、修正の方針を自民が確認 首相に意向伝達へ トラックバック Fuyu Club
 自民党は6日夕の役員会で、衆院で審議中の郵政民営化法案を修正する方針を確認した。「政府・与党合意をより明確な形で法案に反映させて、反対派の理解を得る必要がある」(幹部)と判断した。修正内容を決めた上で今国会の会期の延長幅を決めることでも一致した。近く小 >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/06/08 15:33:05

» 野党の審議拒否は本当に妥当な戦術か? トラックバック あれは,あれで良いのかな?
郵政民営化のための特別委員会設置に対して反対するため,民主党など野党が審議拒否という戦術で廃案に持ち込もうという戦術に出たようです(もっとも,特別委員会の設置は議決されたため,性格には法案自体を廃案にするという意味になるのでしょうが。)。 何の意味があ >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/06/08 19:44:10

» 郵政民営化について考える(第五回) トラックバック 考える葦のブログ
郵政民営化特別委設置 法案修正が焦点 民主、社民は審議拒否 (産経新聞) - goo ニュース 「郵政民営化法案」、世論の関心が高まらないまま、いよいよ国会での審議がスタートします。新聞等で報道されている通り、衆議院での法案を審議するための「特別委員会の設置」が可 >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/06/08 20:30:30

» コミュニケーションの断絶が生むもの トラックバック 一寸の虫に五寸釘
<郵政法案>衆院本会議で審議入り 民主、社民は欠席  日本郵政公社を07年4月に4分社化することなどを盛り込んだ郵政民営化関連6法案は、26日午後の衆院本会議で趣旨説明と質疑が行われ、審議入りした。(中略)与党の国会運営に反発して審議拒否を打ち出している民 >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/06/08 20:32:07

» 衆院解散、考えてない=小泉首相 トラックバック 気になる見出し
衆院解散、考えてない=小泉首相 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050608-00000555-jij-pol 郵政民営化も公明党頼みらしい。。 しかし、この人、ズルいよね。周りに言わせて自分はコレだもんね。 一方で。。 <神崎公明代表>「選挙協力」で郵政反対派を”けん >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/06/08 21:57:11

» ゆうパック。 トラックバック 左Blog
今日は電車の中で見たゆうパックからサービス業を論じてみる。 昨今、ゆうパックの取り扱い窓口が急増している。 コンビニを窓口として取り込み始めた事が要因である。 郵政民営化の話が現実的になっているんだかいないんだかって所で、 郵政事業もあぐらをかい >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/06/09 1:02:58

» 審議拒否 トラックバック 司法試験と倉木麻衣
私は、少なくとも今のところ法学系ということで 政治に口を出すべきでないと考えている。 そこで法学という範囲でコメントする。 今、国会で野党の一部が審議拒否しているという。 もちろん、与党としてはそのまま審議を進めて 多数決をやってしまえば、 野党が出る >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/06/09 1:53:28

» ちょっと政治の話なんぞを トラックバック Graf通信
なかなかこんな機会もないので政治の話なんぞをしようかなと。 だって外が明るくて目が覚めてしまったんですもの。 与党、24日にも郵政法案審議入りへ 民主など欠席か(asahi.com) 郵政民営化法案がどんどん骨抜きにされていく様は相変わらずの光景なので全く驚 >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/06/09 10:09:06

» 民主・社民の審議拒否、自民・中川氏が皮肉 トラックバック Charlie's マイペース雑記
<「レッサーパンダも立っている」 民主・社民の審議拒否、自民・中川氏が皮肉>  自民党の中川秀直国会対策委員長は26日夜、同党衆院議員のパーティーで、「今やレッサーパンダも、ちゃんと立っている時代だ」などと述べ、審議拒否を続ける民主、社民両党を皮肉った。 >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/06/09 22:12:27

» 郵政民営化は、地球規模から見ませんか? トラックバック 鶏屋の奮戦記 (バカ だんなです)
 今日は、総ての疑問や解決方法などを、事実のみで考えてみました。 小学校高学年生でもわかるように、しますのでお子さんにも親御さん達にも、総ての方におすすめします。子供達で分からないところは、コピーをして大人の人に直してもらって下さい。  題して「 学問のす >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/06/15 7:52:08

» 郵政民営化!ついに・・小泉内閣メールマガジン トラックバック ★古物道★たぬき君の奮闘記
明治以来の大改革である郵政民営化は、国民に大きな利益をもたらす。 2007年に日本郵政公社を民営化し、移行期を経て、最終的な民営化を実現するという事ですが・・・可決されるかどうか?私が個人的に言えば民営化はするべきです。税金の無駄使いをやめるにはうってつけだ >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/07/05 5:51:43

» 本来の目的がぼやけた郵政民営化は止めるべき トラックバック ・凪"・DATE: 06/11/2005 11:04:37 AM
 いつの間にか焦点がぼやけてきた郵政民営化議論。国民にとって本来、何がありがたいはずだったのだろうか?それは、国民が働いて将来のために貯蓄したお金が、ほとんど車が通らない田舎への無駄な道路作りや、ニーズがない過疎地域での大規模運動場開発などへ垂れ流しされ. >hoddyさん コメントありがとうございます。 「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく 「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。 小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。 しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。 郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。 続きを読む

受信: 2005/07/13 12:52:50

コメント

>hoddyさん
コメントありがとうございます。

「2004年秋頃までに民営化を決定する」でなく
「2004年秋頃までに結論を得る」にするにもずいぶん揉めたはずです。

小泉首相としては、勿論上にしたかったのでしょう。
しかし、今回の法案は、問題が多すぎると思います。
郵便局が悪いのでなく、悪いのはそれに寄生していた連中です。

投稿: 1喝たぬき | 2005/06/11 14:21:04

1喝たぬきさん、ご教授ありがとうございます!
>自民党の選挙公約は、・・・民営化すること自体は公約ではありません。
とは、ビックリ。
そういう解釈もあるんですネ。
ボクは、公約の表題にある「郵政事業を2007年4月に民営化」という言葉に騙されていたということですか?
(-_-;)
http://www.jimin.jp/jimin/jimin/sen_syu43/sengen/01.html
http://www.jimin.jp/jimin/jimin/2004_kaikaku/contents/01-1.html
小泉首相の演説でも「郵政の民営化」というのは公約として語られていたかと思います。法律や規約を読むように、ボクらも自己責任で公約を読んだり聞いたりしないといけないということですね。良い勉強になりました!!!

でもこれって「不条理」ですよネ。
長文、失礼しました。

投稿: hoddy | 2005/06/11 10:53:41

>のびぃ太さん
コメントありがとうございました。

>省令でどんどん縛ってください。
省令を実質的に出すのはキャリア官僚ですので、
あまり意味ないというよりも、自分たちに有利な方へ運ぼうとするでしょう。
>日本沈没の道
を避けるには、天下りの完全禁止しかないと考えます。

投稿: 1喝たぬき | 2005/06/10 17:42:05

>hoddyさん
コメントありがとうございました。
自民党の選挙公約は、
「郵政事業を2007年4月に民主化するとの政府の基本方針を踏まえながら
 国民的論議を行い、2004年秋頃までに結論を得る」
ということであり、民営化すること自体は公約ではありません。

問題がある郵貯簡保の運用方法を改める事が目的であったはずなのに
今回の民営化法案では、民営化すること自体が目的になっており、
国民に不便を生じるだけで、喜ぶのはUSAの大統領だけでしょう。

投稿: 1喝たぬき | 2005/06/10 17:11:20

失礼しました。三つの記事に同じTBが二つずつありましたので
それぞれひとつだけ消しました。
確かに政府の民営化案は欠陥だらけですよね。まあ、何もやらない
よりもましという程度かも知れません。
今の日本の政治状況ではそれが限界ということでしょう。
でも僕はやらないよりはやって少しでも前進するしかないという
考え方です。

投稿: luckymentai | 2005/06/08 21:49:24

民営化により透明化するのです。
下手な経営は破産の道を歩むだけで、非効率的なことはできません。
省令でどんどん縛ってください。
日本沈没の道を歩むだけです。
年金の受け取りは郵便局が無くても知恵を出せばいくらでも解決できます。

投稿: のびぃ太 | 2005/06/08 21:06:10

TBありがとうございます。
ボクの方にも2回も同じTBが入っていましたので、1回分は削除させていただきます。

「小泉首相がそれでも民営化にこだわるなら、解散総選挙を行って民意を問うべきだ。」ということですが、意味が逆で「自民党がまともな民営化ができないのならば、解散総選挙を行って民意を問うべきだ。」だと思います。
少なくとも前回の総選挙では「郵政民営化」は自民党の公約だったのですから・・・
ですよね?
(^v^)

投稿: hoddy | 2005/06/08 20:41:51

TBありがとうございます。
郵政民営化問題はご指摘の通り目的と手段の議論が分離しているように感じます。
財投資金を始めとする運用方法の透明性をどう担保できるかが大事だと思います。

投稿: go2c | 2005/06/08 20:31:39

TBありがとうございました。
6回も同じTBが入ってましたので5回分は
削除いたします。

投稿: luckymentai | 2005/06/08 20:13:39

 お久しぶりです。
 お元気でなによりです。
 光栄ですよ?記事とトラックバック!
 感激です。核心をついておられますので、頭が下がる想いです。
 いつか必ずいい国にしましょう。私達の未来の為、
 いつかみんなで乾杯出来る日を信じています。

投稿: また、オジャマ虫の toriya です! | 2005/06/08 9:06:37

コメントを書く