« ライブドアに未来はない | トップページ | USAマーケットで最近おかしなことが起きている »

2005年5月24日 (火)

大東亜戦争の評価

 俺が前に書いた「毛沢東。日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらしました」に対して、 まっくんさんから「日本軍国主義が中国に大きな利益をもたらしたというのは、いかがなものでしょうか」というコメントをいただいた。

 クリック感謝→

 これに対しては、楼主さんが詳しく解説していただいているが「日本軍国主義は中国共産党に大きな利益をもたらしました」が、正解に近いと考える。もし日中戦争がなければ、中国共産党が現在のように中国を支配することができただろうか?日中戦争で結果的に一番利益を得たのは誰だったのか?そういった疑問が、盧溝橋事件の中国共産党の謀略説まで生んでいるのだろう。

 「偉大な指導者がいいと言ったり、行なった行為が必ずしも万人によかったとはいえないことです」これを否定できる人は少ないだろう。日本人を含め世界中の一般市民が殺害され、大量殺戮兵器の使用され、捕虜が虐待された。しかし、Arnold Joseph Toynbee が述べている、「第二次世界大戦によって、日本人は日本人のためよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために偉大な歴史を残したといわねばならない。その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去200年間に考えていたような、不敗の半神でないことを明らかにした点である。」という点も否定できない事実であると考える。

 池田平太郎さんの「アジア諸国はともかく、少なくとも欧米に非難されるいわれはないと思います」には、完全に同意します。(全然同意しますという言葉は、現在では通用しないと他で書かれたので)

5月 24, 2005 大東亜戦争 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122444/43501956

この記事へのトラックバック一覧です: 大東亜戦争の評価:

» 靖國>お門違いの馬鹿たち トラックバック 溶解する日本@WebryBlog
阿南中国大使:参拝しなくても「中国は反対」常任理入りで  「阿南惟茂駐中国大使は18日午前の自民党外交関係合同部会で、日本の国連安保理常任理事国入りに対する中国の見解について説明し「中国は基本的には反対だ。小泉純一郎首相が靖国神社の参拝をしないなら  TBありがとうござおました。  この記事の毛沢東の言葉などを見ると、物事は多方面から見ないと分からないものだという気持ちを強くしました。私は、歴史の知識がそれほど多いわけではありませんが、東京裁判史観のみで語られる歴史や、価値・判断などには憤りを感じています。普段触れられる事の無い情報に接することが出来て嬉しく思いました。 続きを読む

受信: 2005/05/25 9:31:31

» 19日の孔泉発言>答えるわけがない トラックバック 溶解する日本@WebryBlog
靖国と常任理の関連触れず 中国外務省 産経新聞5月20日朝刊 >  中国外務省の孔泉報道官は十九日、定例記者会見で、日本の首脳による> 靖国神社参拝と国連安全保障理事国入りとの関連について、「日本の指導> 者は実際の行動で反省を示すべきだ」と述べるにとど  TBありがとうござおました。  この記事の毛沢東の言葉などを見ると、物事は多方面から見ないと分からないものだという気持ちを強くしました。私は、歴史の知識がそれほど多いわけではありませんが、東京裁判史観のみで語られる歴史や、価値・判断などには憤りを感じています。普段触れられる事の無い情報に接することが出来て嬉しく思いました。 続きを読む

受信: 2005/05/25 9:32:49

» 民主と売国 トラックバック 流れ流れて流れ着く
 こんにちは。民主党の動きからさらに目が離せないNAGAREです。  さて、今回の話題は… 首相の靖国参拝 仙谷氏の追及に民主党内批判も (産経新聞) - goo ニュース  この記事自体は「内輪もめ」程度かもしれません(岡田氏の発言は気に入りませんが)。しかし、注  TBありがとうござおました。  この記事の毛沢東の言葉などを見ると、物事は多方面から見ないと分からないものだという気持ちを強くしました。私は、歴史の知識がそれほど多いわけではありませんが、東京裁判史観のみで語られる歴史や、価値・判断などには憤りを感じています。普段触れられる事の無い情報に接することが出来て嬉しく思いました。 続きを読む

受信: 2005/05/25 10:05:45

» さすがは「矛」と「盾」の国 トラックバック 桜日和
数日前に、靖国神社のことを語った小泉首相ですが、まだまだ続いているみたいです。 常任理入り支持は困難に 中国、首相靖国参拝で 先ほどには、血で塗られた歴史がどうのこうのと反論したり、なんというか相変わらずで面白みのない反論だなぁ、という感じですね。相変わ.  TBありがとうござおました。  この記事の毛沢東の言葉などを見ると、物事は多方面から見ないと分からないものだという気持ちを強くしました。私は、歴史の知識がそれほど多いわけではありませんが、東京裁判史観のみで語られる歴史や、価値・判断などには憤りを感じています。普段触れられる事の無い情報に接することが出来て嬉しく思いました。 続きを読む

受信: 2005/05/25 10:35:27

» まったく情けない政治家ばかりだ>呉儀帰国と武部発言 トラックバック 溶解する日本@WebryBlog
副首相帰国:武部・王氏の靖国激論が小泉会談中止に影響か 政府内では24日、中国の呉儀副首相が小泉純一郎首相との会談を取りやめて帰国した理由をめぐって波紋が広がっている。中国を訪問していた自民党の武部勤、公明党の冬柴鉄三両幹事長が21日に北京で中国共産党の  TBありがとうござおました。  この記事の毛沢東の言葉などを見ると、物事は多方面から見ないと分からないものだという気持ちを強くしました。私は、歴史の知識がそれほど多いわけではありませんが、東京裁判史観のみで語られる歴史や、価値・判断などには憤りを感じています。普段触れられる事の無い情報に接することが出来て嬉しく思いました。 続きを読む

受信: 2005/05/25 10:46:16

» 歴史を学ぶことの大切さ トラックバック 誰もが十字架を背負っている
日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立した。 日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、 生まれた子供はすくすくと育っている。 今日、東南アジアの諸国民が、 米・英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるか。 それは身を殺して仁をなした...  TBありがとうござおました。  この記事の毛沢東の言葉などを見ると、物事は多方面から見ないと分からないものだという気持ちを強くしました。私は、歴史の知識がそれほど多いわけではありませんが、東京裁判史観のみで語られる歴史や、価値・判断などには憤りを感じています。普段触れられる事の無い情報に接することが出来て嬉しく思いました。 続きを読む

受信: 2005/05/25 11:21:28

» 靖国参拝III(「内政干渉だ」と妄言を吐く愚者) トラックバック 時事を考える
「内政干渉」発言に中国が反発 訪中の武部幹事長と応酬とのこと、小泉首相、武部自民  TBありがとうござおました。  この記事の毛沢東の言葉などを見ると、物事は多方面から見ないと分からないものだという気持ちを強くしました。私は、歴史の知識がそれほど多いわけではありませんが、東京裁判史観のみで語られる歴史や、価値・判断などには憤りを感じています。普段触れられる事の無い情報に接することが出来て嬉しく思いました。 続きを読む

受信: 2005/05/25 11:44:19

» 靖国に口出し無用 トラックバック  ◆ ケシクズ ◆
 何か世の中は色々あるので、ついつい半端にニュース日記になりがちの我が家。  昨今の小泉さんの言動でOK!!と思う物って、私は靖国に関してだけです。先日のこれですね。  ・首相、靖国神社参拝「問題なし」と強調 衆院予算委  参拝時期については今後決めるよ  TBありがとうござおました。  この記事の毛沢東の言葉などを見ると、物事は多方面から見ないと分からないものだという気持ちを強くしました。私は、歴史の知識がそれほど多いわけではありませんが、東京裁判史観のみで語られる歴史や、価値・判断などには憤りを感じています。普段触れられる事の無い情報に接することが出来て嬉しく思いました。 続きを読む

受信: 2005/05/25 12:42:03

» 靖国参拝関連...続報2 トラックバック +- 色々雑記帳 -+
「血で汚れたA級戦犯」 中国、首相靖国参拝を批判 続きを読む

受信: 2005/05/25 13:05:21

コメント

 TBありがとうござおました。

 この記事の毛沢東の言葉などを見ると、物事は多方面から見ないと分からないものだという気持ちを強くしました。私は、歴史の知識がそれほど多いわけではありませんが、東京裁判史観のみで語られる歴史や、価値・判断などには憤りを感じています。普段触れられる事の無い情報に接することが出来て嬉しく思いました。

投稿: カァ | 2005/05/28 19:39:55

トラックバックありがとうございます。
 
 毛沢東のコメントはリアルに体験しているコメントなのかなと思います(当時これを聞いた日本社会党の委員長はどう思ったんでしょうね。)。まずは、日本人が東京裁判史観から脱却できるようになるといいなと思います。
 余談ですが、よくよく考えると、60年たった今あれこれ言っているのは、当時は「中華民国」だったはずの国と、当時は「日本」だったはずの国ですね。一部今も「日本」の中にもいますけど。

投稿: uratatsunet | 2005/05/28 3:14:18

こんばんは。
またまたTBをありがとうございました。
今回の記事も興味深く読まさせていただきました。
また関連がありましたら、よろしくお願いします。

投稿: REALLIFE | 2005/05/26 23:20:47

トラックバックを頂き、ありがとうございました。

投稿: カマエル | 2005/05/25 21:40:03

TBありがとう御座いました。

想いは同じです。
ああ言われれば、言いたいことはたくさんありますよ。

ただ、最近、思うのは政府同士はともかく、一般レベルまであの「かみ合わなさ」は異常だと思い始めました・・・。

投稿: 池田平太郎 | 2005/05/25 13:45:30

コメントを書く