« BAR Honda、F1世界選手権から除外 | トップページ | 齋藤昭彦さんテロ組織に拘束される »

2005年5月 6日 (金)

尼崎電車事故&ボーリングに対する馬鹿マスコミの対応

 尼崎電車事故の際、JR西日本の社員が年休を取ってボーリングやらゴルフを楽しんでいたという。 (2005年05月06日、投稿記事)  クリック感謝→blogランキング(国内ニュース)

 これの是非は別として、馬鹿マスコミがまたやらかしているらしい。特に馬鹿日の記者?は、まるで自分が正義を代表するようにJR西日本の担当者を罵倒したらしい(らしいというのは、俺は馬鹿マスコミの報道は見ない、聞かない主義なので社員からの又聞きのため)。  被害者の家族がJR西日本の担当者を罵倒するのは心情的にも理解できる。しかし、馬鹿マスコミの馬鹿記者が何のためにJR西日本の担当者を罵倒するのかわからん。記者ならあくまで第3者の立場に立った取材を行い問題点を明らかにするべきだろう。  第3者の立場に立てないぐらい真剣な馬鹿マスコミは、勿論事故当日、全社員が仕事を放り投げて、被害者の救済に向かったのだろう。馬鹿マスコミの報道を見ない俺には知る由もないが。    

5月 6, 2005 マスコミ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122444/43501943

この記事へのトラックバック一覧です: 尼崎電車事故&ボーリングに対する馬鹿マスコミの対応:

» ♪JR脱線事故と比べて、この無反応ぶりは何だ! --京都の商店街にワゴン車が突っ込み1名死亡 トラックバック なんか、変...
また理不尽な事故が起こった。5月16日午後、京都の商店街にワゴン車が突っ込み、一人が死亡、ノルウエーからの観光客2名が負傷した。車が入ってくるはずのない商店街で歩行者がひき殺される事故は、つい先日、仙台でも起こったばかりだというのに。あの時も「全国的に防止対  国会漫才のプロデューサーとしての『才覚』に、スゴイ興味が沸いてねえ。おそらくこの「独身貴族様」は、とりあえず、郵政で何かの絆創膏をして、文句をかわすため?気分転換外国旅行と、ODA?バラマキで恩と理事国入り名誉の両得を狙いながら、税金を上げず、改革者というヒーローの座までてにいれようという、日本オリンピック体操でも無理だった“離れ業”を披露している最中で忙しい“凄まじくピタリ?”。崩壊寸前の屋台骨は、何時崩れても不思議じゃないんで。稼ぎ頭の私たちが負担する額は、4?500どころか、一桁上と、良識が教えてくれるんですが、テレビじゃ届きませんからね?。国脅しの裏の悲鳴を何処まで読めるか、東南アジア・中東などに構ってる余裕があると言ってる宰相、toriyaのバカには、スターの名誉しか残念ながら見えません。職安で出直してほしいもんですが、遅すぎましたか? 続きを読む

受信: 2005/05/18 10:01:17

コメント

コメントを書く