« 東京マーケット5日続落 | トップページ | Blogが削除されている »

2005年5月15日 (日)

「さん&様」を会社名に付けるのはいやらしい

 会社名にさんまたは様をつけるのが流行っているが、私のような古い人間には聞き苦しい。 (2005年05月15日、投稿記事)  クリック感謝→blogランキング(国内ニュース)

 「さん&様」は人名につけるものであり、会社名につけるものではない。これは団塊の世代と呼ばれる連中が始めたものだ。20?30年位前には新聞やTVでもずいぶん叩かれた(そのころは俺も新聞やTVに接していたということでもある)。  昨日のBloombergでは、非常に驚かされた。損保ジャパンの常務執行役員、木下啓史郎氏である。彼はなんと、「中国さん」とのたまわった。とうとう国名までさんづけだ。会社名に「さん&様」をつけることに嫌悪感を抱くのは、そうしている本人が、相手に対して敬意を抱いているというより、自分を保護するためにさん&様をつけているように感じるからだ。  言語は時代とともに変わっていくのは仕方がないが、会社名に「さん&様」はいやらしい。品性に卑しさを感じてしまう。俺の会社に来てさん&様をつける奴にはみっちり説教してやることにしている。  
  

5月 15, 2005 日本語 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122444/43501947

この記事へのトラックバック一覧です: 「さん&様」を会社名に付けるのはいやらしい:

コメント

そうですかね、私は話している中身に興味がありますので、気にならないです。豊崎社長の話はエセ証券アナリストより、威力があるしね。内容は非常に濃いので、発言の行方がいつも気になっています。

投稿: Jennifer | 2005/08/04 10:50:30

コメントを書く