« 鉄道事故に対するマスコミの報道姿勢 | トップページ | 憲法改正 »

2005年5月 1日 (日)

JR運転手が自殺

 数年前にあるJR運転手が自殺したという。彼は、電車を運転中、異常ランプがついたことに気がつき、電車を止めて異常の確認をしたらしい。 (2005年05月01日、投稿記事)  クリック感謝→blogランキング(国内ニュース)

 JR西日本は、彼が安全確認のために2分あまり電車を遅らせたことを非とし、日勤教育なる名の集団リンチを加えたという。JR西日本の経営幹部には安全よりも大事なものがあるのだろう。  この話は、今日のTV番組をみた社員から聞いた。よって事実と違う点があれば是非指摘していただきたい。  その社員からもっと驚くべき話を聞いた。同番組に出演していた、ごつい顔のガンホーとかいうタレント?の発言。「日勤教育をされる運転手は何パーセント位いるんですか?再教育をしなければいけないような運転手は、もともと向いていないのだからやめてもらうしかない。」タレントに知性を求めるほうが誤りなのかもしれないが、これはひどすぎる。  自殺した運転手について書いているblogがあったので参考にしてほしい。2分でなく、計器の点検のために1分遅れた事を理由に乗務停止処分となり、日勤教育というリンチを受けたという。 →1分の重さ  
  

5月 1, 2005 ニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122444/43501940

この記事へのトラックバック一覧です: JR運転手が自殺:

コメント

コメントを書く