« 北朝鮮が核実験の準備本格化 | トップページ | 「さん&様」を会社名に付けるのはいやらしい »

2005年5月14日 (土)

東京マーケット5日続落

 東京株式市場・大引け=5日続落、予想上回る機械受注も材料視されず  [東京 13日 ロイター] 東京株式市場は、小幅ながら5日続落となった。前日の米国株安を嫌気して幅広く売りが先行。日経平均は一時11,000円に接近したが、ソニー<6758.T>、東京エレクトロン<8035.T>などのハイテク株が買われて下げ渋った。午後発表の3月機械受注は、事前予想を上回る内容だったが、市場の反応は限定的だった。 (2005年05月14日、投稿記事)  クリック感謝→blogランキング(国内ニュース)

 12日のUSAマーケットは、原油価格が下落したものの好感する向きが少なく、ウォールマートなど一部企業の決算内容に失望が広がったことなどから大幅に下落した。DOW、10189、-110.77(-1.08%):Nasdaq、1,963、-7.67(-0.39%)、CME、NIKKEI 11,015であった。そうした中、シカゴ日経先物も軟調に推移し、11,015円(大証比?65円)で取引を終えた。  13日、寄り付き前の東京マーケットは、外国証券の寄り付き前動向は、売3,880万株/買3,050万株、830万株の売り越し。朝からUSA株安を嫌気した売りが膨らんだ。東証一部の下落銘柄数は1,000を超えた。結局、日経平均は11,059円,-18円(-0.17%)で前場の取引を終えた。  後場の寄り付き前の大口成り行き注文は、売2,990万株/買い990万株、2,000万株の大幅な売り越しだった。後場は、前場の終値から-2円の11,049円で寄り付き、その後は機械受注の発表を控え小動きになった。  14時に内閣府から発表された3月機械受注統計(船舶・電力を除く民需、季節調整値)が、前月比1.9%増と事前予想(1.2%減)を上回ったことから、日経先物に大口の買いが入り11,120円まで上昇、日経平均も11,092.32まで上昇した。ところが株価は急落、前日比-28円の11,049円で引けた。USA株が下がっているために、海外投資家が日本から資金を引き上げていることも最近の日経下落につながっていると思われる.  13日のUSAマーケットは、DOW、10140.12、-49.36(-0.48%):Nasdaq、1,976、+12.9(+.066%)、CME、NIKKEI 11,000であった。  俺は2時過ぎに株価が急上昇したとき6月PUT11,000の買を損切りしたが、弱いので買いなおした。月曜は11,000をきり、その後はずるずると下落、10,500を切ったところで切り返すとみている。結果はマーケットが審判を下してくれるので、読み間違えたら笑ってくれ。    

5月 14, 2005 株式取引 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122444/43501946

この記事へのトラックバック一覧です: 東京マーケット5日続落:

» マート トラックバック 企業専門館『マート』
... >猫並さん、おーちゃんさん コメントありがとうございました。 何とか修復したいのですが、 ログを取っていなかったので苦心しております。 しかし、ライブドアの対応は遅くてイライラします。 続きを読む

受信: 2005/05/24 19:55:56

コメント

コメントを書く