« 1ヶ月、1,850万円/1株の売買益 | トップページ | 中国の反日デモ拡大 »

2005年4月 9日 (土)

教科書問題は重要か?

虎哲さんのBlogより引用させていただく、

>それはともかく、中学教科書の内容に人々は普段関心を払っているのだろうか?
>教育関係者、学者、あるいは中学生と接する機会のある人以外は内容に目を通すこともないのでは?

 クリック感謝→

 現実には、中学生の何割が教科書を「読んでいる」のか疑問である。出来る奴は、教科書など読まず、自分なりの方法で勉強するだろう。出来ない奴は、教科書を開くことさえなく、紫式部やUSAと日本が戦争をしたことさえ知らないまま大人になっていく。わが国の教科書について関心を持って読んでいるのは、わが国の教育関係者と一部マスコミ、韓国および中国の為政者だけといったら言い過ぎだろうか。

 韓国が大騒ぎするので、竹島が問題にされているが、ロシアがおとなしくなった今、10代、20代の若者の何割が北方領土問題を知っているのだろう。尖閣列島すら知っている若者は少ないのではないだろうか。

 教科書の内容よりも、クラスの人数を減らすことや教師の質を高めることのほうが重要と考える。

4月 9, 2005 中国朝鮮問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122444/43501915

この記事へのトラックバック一覧です: 教科書問題は重要か?:

コメント

コメントを書く