« 中国の反日デモ拡大 | トップページ | 「世界を改造できるのは銃のみである」 毛沢東 »

2005年4月12日 (火)

中国は戦後直後から反日キャンペーンを行っていたわけではない

 今日も日経は続落だ。USAの株安と中国の政情不安が原因とされている。

 今回の暴動について、「戦後から中国侵略と教科書問題を中国が問題にしてきた」様に書いているblogが多いことに驚く。

 クリック感謝→

 これが俺の思い違いであったなら具体的に指摘していただきたいのだが、少なくとも天安門事件以前に中国が日本の侵略に対して大々的に非難をしてきた記憶はない。冷戦当時は、USAに対する敵対的行動は無論あったし、領土問題等で旧ソ連とは、時には軍事的に対立していた。しかし中国があからさまに日本に対して侵略&教科書問題を突きつけてきたのは、天安門事件以降だと記憶している。

 天安門事件で、一般市民反抗の危険性を感じた中国共産党首脳部が、共産党への批判をかわすために、外敵として日本をターゲットに反日教育を始めた。朝日新聞の反日キャンペーンに乗ったともいえる。その結果、経済格差などへの不満が、日本に対する暴動という形で現れたと考える。数千万人が犠牲になったといわれる文化大革命を忘れていない人は中国に多いだろう。日本の侵略よりも時間的にも身近で、数の問題ではないといっても実際に身近の人が犠牲になった記憶は日本の侵略の記憶の比ではないだろう。しかも、実際に圧制を行っている現政権が行ったことだ。日本に対するあのパワーがいつ現中国共産党政権に向かっても不思議はない。

 中共政権によると、今回の暴動の責任は全て日本にあるそうだ。都市部と農村部の経済格差や経済の地域格差に対する不満が今回の暴動の根本原因と考えるが、どうしてその原因の全てが日本にあるのだろうか。日本としては、政情不安定な中国への投資を続けるよりも、インドなど東南アジアから南アジアへ投資先をシフトしていく方が現実的である。

4月 12, 2005 中国朝鮮問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122444/43501917

この記事へのトラックバック一覧です: 中国は戦後直後から反日キャンペーンを行っていたわけではない:

コメント

コメントを書く