« 2005年03月31日、対バーレーン戦、日本辛勝、オウンゴールで1-0 | トップページ | 郵政民営化に反対する »

2005年4月 2日 (土)

朝日新聞が武富士から裏金

 武富士から「ウラ広告費」を5000万円もらっていた朝日新聞。日本のマスコミの公共性が、どのようなものかを示す良い実例。

 クリック感謝→

 TVがなくなったら困ると言っていた人がいたが、こんなことをやっているようじゃインターネットに取って代わられるのは時間の問題。

 俺はTV東京の番組(マーケット関係)は時々見るが、それでも何言っているんだと思うことが多い。信じるのは数字だけ。そう意味でもBloombergをつけていることが多い。

 人権擁護法案、地上波のデジタル化にしても、ミサワホームの処理を巡っての疑惑についても、報道するマスコミは、ほとんどない。ブロードバンド?は、間違いを犯すことが多いと述べたキャスターがいたそうだが、スポンサーに遠慮したり、自社の利益だけを追求するような今の大手マスコミよりは、よほどましと考える。

 大手マスコミの報道は無条件に受け入れる人でも、ブログのような個人が発信している情報なら「これは本当なのか」という疑問を抱きながら、真実に近づくことが出来る可能性がある。

4月 2, 2005 マスコミ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122444/43501910

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞が武富士から裏金:

コメント

コメントを書く