« 楽天がフジサンケイに接近 | トップページ | 無念 »

2005年3月24日 (木)

ソフトバンク・インベストメントがフジテレビ筆頭株主に

 フジテレビジョンは24日、ソフトバンク系の投資会社のソフトバンク・インベストメント(SBI)がフジの議決権の14.67%を握る実質的な筆頭株主になったと発表した(日経ITビジネス&ニュース)。  

 クリック感謝→blogランキング(国内ニュース)

 実質的には、孫正義代表がフジテレビの筆頭株主となった。孫正義代表はスカパーの前身であるJスカイBに出資し時、「将来的にテレビはブロードバンドになるので、それまでに映像コンテンツ関連のノウハウをストックしておきたい」と表明しており、TV朝日の株を収得してTV朝日に業務提携を持ちかけたこともある。最近でも「Yahoo! BB 光はテレビのポータルサイトを取っていきたい」と発言しており、TVに対する関心が高いことは周知の事実であったから、今回の話は渡りに船だっただろう。  

 堀江社長もソフトバンクと楽天が、TVを狙っていることぐらい知っていただろうし、昨年の野球球団買収事件もある。当然、想定の範囲内の事だろう。それよりも、フジテレビはソフトバンクが借株を使って売りをかけてきたら、どう対応するのだろうか。  

3月 24, 2005 ライブドア問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122444/43501905

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンク・インベストメントがフジテレビ筆頭株主に:

コメント

コメントを書く